生活費足りない

生活費が足りない…すぐにお金が必要ならキャッシング・カードローンがおすすめ

生活費,足りない,生活費がない,借りる

生活費が足りない…
お金がない時は本当に辛くて、精神的な余裕が持てない場合も多いです。

 

生活費が足りないとお悩みの方は、主婦や学生、色々な事情により仕事が出来ない方など様々です。

 

私も学生時代、貧乏な生活をしていた事がありますが、
生活費が足りない時は、毎日カップ麺2食で過ごしていた時もあります・・・

 

生活費が足りない場合は、まず節約が出来ないか考えてみることが大切です。

 

食費や電気、ガス代、携帯代金などを出来るだけ少なくしたり、賃貸に住んでいる場合は家賃が安いマンションに住み替えたりすることなどです。

 

すると固定費が少なくなるので、生活費にも少し余裕が出てきます。

 

しかし、どうしてもお金が必要になる時があります…
例えば、税金の支払い通知が来たり、アルバイトなどの仕事探しに使う交通費など、色々なことにお金はかかってしまいます。

 

そのようにお金にどうしても困った時は、キャッシングやカードローンでお金を借りると言う方法があります。

 

どうしても生活費が足りずにお金に困っていると言う場合は、一時的にまとまったお金を借りることができる、これらのサービスを利用してみるのも良いでしょう。

 

今は無利息サービスを行っている会社も多いので、少しの借入なら負担なく借りる事ができると思います。

 

※無理のない返済ができるように、必要な分だけ借りるようにしましょう。オペレーターの方としっかり相談して融資を決めてください。以下の大手金融業者は、電話対応もとても丁寧なのでおすすめです。

 

生活費が足りない分のお金を借りるならここがおすすめ

プロミス


プロミスはとても人気が高いキャッシングですね。知名度も高く、平日の14時までにWeb契約が完了していれば、即日にお金を借りる事も可能です。
全国に無人契約機も多いですし、初めての方なら30日間無利息サービスも行っているので、30日以内にお金を返済出来る場合は、実質利息が0円でお金を借りられます。
スマートフォンがあれば、ネット上で審査が完結出来るのも便利です。
>>プロミスのお申込みはこちら<<
(※無利息サービスは、詳しくはプロミス公式サイトを参照して下さい) 

 

モビット

モビット
生活費の融資をお願いするなら三井住友銀行グループのモビットもおすすめですね。
モビットは知名度も高く、スマホ完結、電話連絡なし、郵送物なしと、便利なサービスが人気の集めています。
即日融資にも対応しているので、今日、明日中にお金が必要な方にもおすすめです。
※即日融資は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
>>モビットのお申し込みはこちら<<

 

 

足りない生活費をキャッシングやカードローンで借りる時の注意点

※金融会社によっては多少異なる場合がある為、詳しくは公式サイトをご覧になってみて下さい。

 

生活費,足りない,生活費がない,借りる

必要な書類は?

50万円以下などの小額の借入の場合は

 

@本人確認が出来る免許証、保険証、パスポート
A勤めている会社の給料明細、社員証や収入証明書

 

が必要になります。

 

Aは会社に電話連絡をしてほしくない方のみ必要になります。会社への在籍確認は、ローンやキャッシングの内容だと分からないように、鈴木や佐藤などの個人名を利用して、在籍確認を行います。在籍していることが確認出来ればいいだけなので、詳しい事を聞かれる事はありません。

 

 

返済方法は?

 

返済方法は、月々一定額を引き落としにする方法や、月末に一定額を振り込むと言う形が多いです。大手の銀行や消費者金融なら、コンビニのATMからの支払いが出来る場合が多いです。

 

返済額や返済期間は、個人で決めることが出来ます。月々の返済額は多いほうが、返済期間は短い方が利息が少なくなるので、長期間のローンを組む時は注意しましょう。

 

金利とは?

 

金利は金融会社によってそれぞれです。金利とは、利息に影響してくるもので、ほぼ全ての金融会社が年単位の金利を表示しています。

 

4%〜14%や4.5%〜17.8%など、金利は様々ですね。

 

どの数字を見れば良いか、ですが、
50万円以下などの小額の借入の場合は、一番大きい数字の金利になると思っていた方が良いでしょう。

 

4%〜14%なら14%になり、4.5%〜17.8%なら17.8%になります。

 

利息の計算方法ですが、これは返済期間や返済額によって異なります。

 

借入れ金額 返済期間(回数) 返済額 返済総額

10万円

(利息17.8%で計算)

1年以内(11回)

10,000円

109,043円

2年以内(24回)

5,000円

119,490円

3年以内(32回)

4,000円

125,864円

早く返済出来れば、返済総額はその分少なくできます。

 

専業主婦でも借りられる?

生活費,足りない,生活費がない,借りる

 

銀行系のカードローンの中には、総量規制対象外と言って、自身に収入がなくても世帯主の収入があれば、ローンを組むことが出来る場合があります。

 

旦那さんに安定した収入があれば、専業主婦でもお金が借りられます。その際には、旦那さんの給与明細や収入証明書などが必要になります。

 

給与明細や収入証明を写真で送って審査が完了する金融会社なら、旦那さんにもばれずにローンを組むことができます。

 

 

審査が断られたら…

金融会社にはそれぞれの審査の基準があるため、○○では断られたけれど、△△では借りる事ができたと言う場合も多いです。

 

しかし複数の会社に同時に申し込みをする事はできません。必ず1社ずつ審査を申し込むようにしましょう。

 

 

家族にばれないようにお金を借りるには

 

キャッシングやカードローンでお金を借りるには、2種類の方法が選べます。
ひとつは口座に振り込んで貰う方法、もう一つは無人契約機でローンカードを発行して、お金を引き出す方法です。

 

家族にばれないようにするには、全国にある無人契約機でローンカードを発行する方法がおすすめです。

 

口座に振り込んでもらうと、通帳に記録が残ってしまうので、そこからばれてしまう場合が多い為です。
通帳が誰にも見られないのであれば、口座振り込みでも大丈夫です。

 

土日に借りれる?

 

土日にお金を借りたい場合は、プロミスやモビットなどの消費者金融系の借入サービスを選びましょう。

 

無人契約機を使ってローンカードを発行すれば、土日でもお金を借りれます。

 

銀行系のカードローンは土日が休業日なので、審査をすることができません。

 

今すぐお金を借りたいなら…

 

今すぐお金を借りたいなら、即日融資が可能なサービスを選びましょう。

 

上記で紹介している、プロミス、モビットは、条件が揃えば全て即日融資が可能になります。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

特にプロミスは審査もスピーティーで、口座保有などの必要条件が少ない為、即日キャッシングがしやすい借入サービスと言えます。

 

生活費,足りない,生活費がない,借りる

 

※お金を借りる時は、無理のない返済プランをたてましょう。必要な分だけ借りると言うのが、大切です。

 

生活費が足りないなら、まずは節約を考えよう

 

生活費,足りない,生活費がない,借りる

生活費が足りないなら、キャッシングやカードローンも一つの方法ですが、
月々の返済の事もある為、節約を考える事はとても大切です。

 

細かい節約も、長い積み重ねでとても大きなお金になります。

 

節約を考える上で大切なのが、まず固定費を減らす事です。
レシートを集め、家計簿をつけるのはとても効果的です。

 

何にいくら使っているかが分かるので、お金の管理がとてもしやすいです。

 

まずは大雑把でいいので、100円のノートを買って、「食費」「光熱費」「携帯代」「マンション費」など、月にかかるお金を書いていきましょう。

 

そして収入と照らし合わせます。

 

意外と無駄な所にお金がかかっている場合も多いものです。それに気付くことが、節約の第一歩です。

生活費の節約 〜固定費を安くする〜

安い賃貸に引っ越す

 

固定費で一番大きいのが住居費です。
今使っていない部屋がある場合などは、安い賃貸に引っ越すのも一つの方法です。

 

賃貸を選ぶポイントは、光熱費や敷金礼金の存在です。
水道代金が無料だったり、敷金礼金が無しの賃貸も多いので、そういったお得な物件を探すと良いでしょう。

 

食費を節約する

生活費の中で大きな割合を占めるのが食費です。

 

間違ってもコンビニなどでご飯を購入してはいけません。やはり安いのはスーパーです。
業務用スーパーなどでまとめ買いするのもいいですね。

 

コンビニには入らない

コンビニには出来るだけ入らないようにしましょう。その理由は、つい衝動買いをしてしまう為です。

 

スーパーは薄利多売と言って、少ない利益を積み重ねることで利益を得ています。

 

しかしコンビニは逆で、高い利益の商品を少なく売って利益を出しています。
売れる人気商品だけを定価で置いているということですね。

 

レジの前に安いお菓子があったりするのも、衝動買いを促進しています。
安いものでも、積み重なると大きいです。コンビニは、必要なものだけ買うと決めて、出来るだけ入らないようにしましょう。

 

http://www.judgepatrickhillary.com/http://www.komfortdialogu.com/http://www.lenonglutene.com/http://www.majnoun-film.com/http://www.nakunlv.org/http://www.napgallery.com/http://www.pourvoirietapani.com/http://www.scottbenson4rep.com/http://www.steffkoeppen.com/http://www.tessell4te.net/http://www.desipics.net/http://www.rubnitz.com/http://www.pugliablog.info/http://www.yournetworkmarketingcoach.com/http://www.cosmetic-trends.com/http://www.medicaltranscriptionsucks.com/http://www.viudanegraonline.com/http://www.cheapraybanwebs.com/http://www.under-my-skin.net/http://www.krapka.biz/